インプラントは日常生活に必要?

その答えは私たち歯科クリニックがもっているものではありません。もちろん当歯科クリニックでは”ここを治す為にはインプラントしかありません”と言うことはありえません。

インプラントが必要かどうか。その答えは患者さんが持っています。

入れ歯の取り外しが嫌、入れ歯が痛い、入れ歯は気持ち悪くていれていられない、結果満足に咬めていない。患者さんが日々の生活でなにを解決したいのか。 当歯科クリニックではインプラント治療は押し付けられるものではなく、あくまで選択肢の一つです。

私(院長)も40歳に近づいてきましたがいろいろなことが少しずつ見えてきます。

そろそろ人生の折り返し地点なのかもしれないということ。そしてどのように残りの時間を生きていきたいのかを考えます。日本人の平均寿命は男性が79.94歳、女性は86.41歳。どのように自分らしく生きていくのかを考えた時、”健康である”ということが当然のように前提となります。

人のからだ、そして人生。

事故や病気など、いつなにが起こるのか分かりませんが残りの人生を考える程、健康は欠かせない大切なものだと気づきます。スマートエイジングにも通じますが賢く自分のからだと向き合っていくことがより人生を豊かにするのだと思っています。

今回はインプラントがテーマなのでインプラントについて考えてみたいと思います。

”食事を楽しむ”ということは充実した人生にとって欠かせないものです。現在80歳の平均残存歯数は13本程。本来親知らずを含めれば32本の永久歯が生えるため約20本程の歯を80歳までに失っているということが現状です。上下の前歯の本数を合わせれば12本。80歳を迎えた時に前歯が全て残っていた場合には奥歯が1本しか残っていないことになります。そのため多くの方が入れ歯で苦労されているということが現実です。

食べたいものを食べれない、咬みたいものを咬めないということは食事への意欲を喪失させ、結果内臓への負担増や痴呆の進行にも関係する可能性があります。 インプラントはそのような不安や悩みを解決する治療法です。

患者さんにとって、インプラント治療は説明を受ける前から避けるべき道なのでしょうか?

インプラント治療を一度受けられた方のお話をします。インプラントは”もう二度としたくない”と言われる方は稀にいらっしゃいますが、”他の歯を失ったためまたインプラントをお願いします”と言われる方が大多数です。再びインプラントを希望される方はしっかりとした説明を受け手術に臨み、そして当然のように結果が良好な方です。

本来インプラント治療に限らずあらゆる医療においてそのようにあるべきだと考えているため、当歯科クリニックでは説明などに時間をかけ納得いただける治療(一般歯科治療から矯正治療、インプラント治療などの治療全般)を行っています。

インプラント治療とは”再度受けたい”と患者さんが思う優れた治療です。 自分の歯が生え変わったようなインプラントの完成は審美的なだけではなく咬みしめる喜びを再び得られるからです。

一歩踏み出す事が人生を豊かにすることがあります。 もし入れ歯などの現状に不満をお持ちであればまずは手術リスクなどについて説明を受けられインプラントは受け入れられるものかどうか納得されてみてはいかがでしょうか?

文京区の歯科、高橋歯科クリニック文京は患者さんがなにを望んでいるのか、そして患者さんがどのように生活していきたいのかを伺い、共に考える歯科クリニックです。