コロナルリーケージ

コロナルリーケージという言葉をご説明いたします。

直訳は”歯の頭の方からの漏洩”です。

歯の神経の処置という治療は皆様受けられたことはありますか?

そう、ピッピッと音がする機械を使いながら歯の根っこのお掃除をするという歯科治療のことで根管治療とも言われます。 当歯科クリニックではマイクロエンド・顕微鏡などを使う専門的な根管治療も行っています。

根管治療後にはセラミックスなどのかぶせもの(俗に言うさし歯)をするわけですが、残念ながら一生持つ訳ではない場合が多々あります。

なぜ再治療が必要になるのか。

それは細菌が歯根内にしみ込んでしまうためです。つまりセラミックスなどの不適合やかみ合わせ不良などにより、細菌がセラミックスなどの中に侵入して歯に悪さをするということがコロナルリーケージです。 再治療が必要となる原因は他にもいくつかありますが、コロナルリーケージにより根の先で膿みが溜まるなどの状態となった場合には再根管治療が必要となるため、せっかくのかぶせものなどがやり直しとなります。つまり作り替えということです。

再発による再治療を少しでも先延ばしするために

根管治療をしっかり行うことが再発を先延ばしすることにつながり、より長く歯を使える状況をつくれるということはお分かりいただけると思います。 当歯科クリニックでは保険診療でもしっかりと根管治療を行っているだけではなく、患者さんのご希望によってマイクロエンドも行っています。 歯を失わないよう、歯の基礎となる根管治療をしっかりと行っています。

重要なのはマイクロエンドだけではなく、全ての治療

再発防止には行われる治療全てが高い精度で行われている必要があります。

つまり根管治療後の補綴処置というセラミックスなどもとても重要となるのです。

かぶせものの精度が悪ければ、その境目から細菌が侵入しかぶせものの中でむし歯がつくられるだけではなく上述したように歯の中に細菌がしみこみ、化膿する原因となります。

高橋歯科クリニック文京

せっかくのかぶせものも段差があったり、歯と合っていなければ早期に傷みます。

かぶせものをとると中はこのように傷んでいることが多く、この方の場合も歯根がかなり傷んでしまっていることがわかります。

文京区の歯医者 高橋歯科クリニック文京

それは新しくつくるセラミックスでも同様です。歯の形がぼてっとしていたり段差があったり、からだと調和しないものであればトラブルが起こってしまうのです。

当歯科クリニックのコンセプトは歯を守る

重要なのは全ての治療とお話しました。いくら根管治療をしっかり行ってもかぶせものなどの精度が低ければむし歯や歯周病の原因となり歯が膿んでしまう原因となります。

当歯科クリニックではセラミックスなどを長持ちさせるため、精密な型取りを時間をかけ専門的に行っています。 根管治療をしっかりと行いセラミックスなどの精密歯科治療も行うことがその歯を守ることにつながるからです。

マイクロエンドが歯を守るわけではありません。

繰り返すようになってしまいますが、マイクロエンドもあくまで治療の一つ。コア(土台)も長持ちできるものをつくり、必要であればかみ合わせ治療を行い、そしてセラミックスなどを用い歯にジャストフィットするオーダーメイド治療を行う。そのことが私たちが提供する”その歯を守るためのベストの治療”です。

文京区の歯医者、高橋歯科クリニック文京は”精度が高い治療を行うことで歯の寿命を延ばす”ことができるよう日々努めています。