根管治療は歯の寿命を左右する

根管治療とは治療期間も長くかかりますし、患者さんにとって地味な治療だと思います。

ただ、根管治療が歯の寿命を決めると言っても過言ではありません。

 

<根管治療の成功率は100%?>

根管治療とは、”やれば治る治療” ではありません。

海外の論文でも根の状況にもよりますが50〜90%程の成功率とされています。

 

<では治らない場合には?>

多くの場合で抜歯となってしまいます。

抜歯に至った場合にはインプラント、ブリッジや入れ歯が必要となります。

 

<髙橋歯科クリニック文京に遠方からも患者さんが来院される理由>

・抜歯と宣告された歯を残したいという希望から、顕微鏡などを使用する精密な根管治療を希望。

・根の治療からしっかりとした治療を受けたい。

根管治療は歯の寿命だけではなく、その歯のかぶせものの寿命も左右します。

セラミックスなどによるきれいなかぶせものを行なっても、根管治療が不十分な場合、再治療(セラミックスも含めたやり直し)が早期に必要となってしまう可能性があるのです。

 

根管治療でもし抜かずに済むことができたら、、、

根管治療をしっかりと行なうことで、その歯の寿命を延ばせることができたら、、、

歯の寿命が決まる治療とも言えるため、髙橋歯科クリニック文京は根管治療にしっかりと取り組んでいます。

髙橋歯科クリニック文京

髙橋歯科クリニック文京

当院院長症例

この歯の場合には、根の先近くで神経のあった空間(根管)が枝分かれしていました。

レントゲンではその中にまで緊密に充填できていることがわかります。

このような治療を行なうことができれば、その歯にかぶせるセラミックスも長持ちすることにつながります。

(例えばですが、この細い枝分かれまでケアできなかった場合、歯に違和感が長く残り歯根端切除という手術が必要となったり、最悪抜歯となってしまう可能性もなくはありません。)

 

当歯科クリニックには審美治療を求め来院される方も多数いらっしゃいます。

そして、歯を大切にしたい、歯を抜きたくない、長持ちするようより確実な治療を受けたい。

患者さん一人一人に歯への思い、希望があります。

大切な歯や、せっかくのセラミックスを少しでも長くきれいに使っていただけるよう根管治療にもこだわりをもって取り組んでいます。

 

 

 

 

・マイクロエンドについて

根尖の炎症や抜髄時に行う根管治療においてマイクロエンドを受けていただくことが可能です。むし歯を除去し必要に応じて隔壁をEDTA処理後に行います。ラバーダムにより根管内に唾液や細菌が入らないよう防湿し、顕微鏡を用い根管内の細菌感染を可及的に取り除きます。唾液にまみれた状況で行われる根管治療と異なり良好な予後、早期の治癒を望める可能性が高まります。また、穿孔やファイルの破折にも対応できる場合が多々あります。

根管治療は歯の基礎です。当院では精度の高い治療だけではなく歯を守る為根管治療にもこだわりを持って取り組んでいます。

歯の状態にもよりますが破折している場合や難治性の病変の場合にはマイクロエンドを行っても奏功しない場合があります。また、マイクロエンドを行っても一生再度の根管治療を行わなくてすむものではありません。通常の根管治療同様使用する器具が根管内で破折する場合があります。(当院では用いるファイルは全て滅菌処理をしています)

治療期間は1日〜3ヶ月、治療回数は通常1〜5回。

治療費は前歯で40,000円〜45,000円。小臼歯で50,000円〜55,000円。大臼歯で70,000円〜75,000円。

根管治療終了後、別途保険外でのコア、クラウン代がかかります。

穿孔封鎖、ファイル除去では別途10,000円をいただきます。