接着にこだわる

近年、歯科材料の様々な分野においても目覚ましい進化が続いています。

その中の一つ、接着性能についても同様です。

 

人工の修復物は常に唾液と細菌にさらされ日々咬むちからもかかるというとても過酷な環境にあるため、接着性能が向上することによりセラミックスなどの修復物は壊れにくくなります。

高橋歯科クリニック文京

術前 以前、他院にて治したセラミックス

高橋歯科クリニック文京

セラミックスを除去したところ

前述した通り接着性能を向上させるということはむし歯の再発や修復物が外れてくるということなども防ぎやすくため、接着システム、接着させるセメント、共に改良が続けられています。

審美治療においてはセメントはもちろんですが接着システムについてもこだわって診療しています。操作時間などが余計にかかってしまうのですが接着前にスメアー層を除去するためのEDTA処理を行なっています。

スメアー層とは歯を削った時に出る切削屑を主に指し(切削屑には細菌が含まれているとされています)、接着を阻害してしまいます。 つまりつきが悪いということであり、どのようなことが起こってくるのかは容易に想像できると思います。

例えばですが、”砂をまぶした紙にセロハンテープを貼る”のと”紙にセロハンテープを直接貼る”のとどちらがしっかりとつくかということと似ているかもしれません。 当歯科クリニックではEDTAを用いスメアー層を除去し強固な接着力を得ることで、より確実なセラミックス・審美治療を行なっています。

せっかくのセラミックス・審美治療

私たちにとっては、審美が回復することで喜んでいただける瞬間も大切ですが”きれいに長持ちさせる”ということにも重きを置いています。

ただ白いだけではなく、歯の寿命を延ばすことができる審美治療を提供するため文京区茗荷谷の歯医者、高橋歯科クリニック文京では接着にこだわっています。