お子さん、お母さんに支持していただいている理由

何事も子どもの時にどのように過ごすかがとても大切だと思っています。

例えば、”朝に本を読んだり勉強する習慣をつける”

中学生、高校生になって習慣を変える、特に言われて変えざるを得ない場合と、小学生または幼稚園時からそのような習慣が身に付いているのとでは大きな差があります。

 

歯の話も同様であり、幼少期にどのような考えでお口の健康と向き合うのかがとても重要です。

歯科医院でフッ素塗布などを定期的に行なうということはとても大切です。

ただ、歯科医院に通っていれば問題が起きないという訳ではありません。

残念ながらむし歯や歯肉炎になる子はなってしまいます。それも短い期間で。

 

では、どのようにすれば守りやすい環境をつくることができるのでしょうか。

もちろん当院でもフッ素塗布やシーラントなどの予防歯科を提供していますし大切にしていますが、なによりお子さん一人一人に合った専門的なリスク管理に重きを置いています。

つまりただフッ素を塗布するだけではなく年齢と共に異なっていくリスクを、お子さんやご両親と共有することを大切にしています。

また、むし歯予防唾液検査や歯のための生活習慣相談なども行なえる環境をつくることで、将来へ繋げる意味ある歯科受診を提供しています。

 

私たちにも子どもがいます。

中学生、高校生、そして成人に向けて、銀歯を出来るだけ子ども達に入れなくてすむよう今から出来ることをしっかりやっていきたい。

そのようなご両親の気持ちにも寄り添う歯科医院でありたいと思っています。

 

 

大切なことは継続です。

お子さん、お母さんにとって負担にならないように。辛いことのないように。

そのようにも考えていますので、現状どのようなことができるのか、どのようなことがからだにとって良いことなのかをまずご説明させていただきご理解いただいた上で共に歩む環境をつくっています。

通院回数や内容などについても遠慮なくご相談ください。

 

また、期間があいてしまった患者さんからもご連絡をお待ちしております。

むし歯ができた。歯ぐきが腫れている。このままではなんとなく良くなさそう。

”しっかりとお口のことを考えたい”

そう思われた時がしっかりと健康と向き合うタイミングです。

子育てや仕事などにより歯科医院に足を運ぶということは大変かもしれませんが、前を向いて共に進むことができるよう私たちも努めます。