歯を抜かない治療

歯科治療も日々進歩を重ね、今ではインプラント治療も高い成功率が確認されています。
インプラント治療はとても優れており、審美的にも、気持ちよく噛めるという機能的にも、入れ歯やブリッジ治療に比べ、より天然歯に近いものを提供できます。ただ、なにものも天然歯の代わりにはなり得ないというのが私の考えです。
果たしてその歯は必ずしも失わなくてはならない状況なのでしょうか?
歯を健康に残すために歯科医師としてなにができるのかを追求してきたことで得た様々な最先端治療を、歯を抜きたくない、守りたいと悩まれている患者さんへ提供して参ります。
マイクロスコープや拡大鏡などを用いた確実なむし歯治療や精密な根管治療、レーザーを用いた歯周病治療などにより、一般歯科診療では抜かざるを得ない歯でも抜歯にならずに残せることが多々あります。
抜歯やインプラント治療を行う前に歯を救うことをまず目指しています。

では、なぜ歯を抜かないといけない状況になってしまうのでしょう?

3ヶ月に一度クリーニングをしているのに歯周病だと感じる、歯みがきで血が出る。
毎日気をつけてブラッシングしているのに何度もむし歯を繰り返してしまう。
抜歯になってしまう方も、もしくはすでに何本か抜歯された方も、原因の解決を行わなくては残さなくてはならない健康な歯をこれから更に傷めてしまう可能性があります。

私たちの”歯を守る”という治療コンセプトでは治療レベルを高めるだけではなく、壊れやすい環境を改善することにも重きを置いています。
傷んでいる歯を削って詰めて終わりではなく、傷む原因を追求しお口の中全体を見る治療を行うことが、長く歯を残すことに繋がります。
大切な歯を守るため、当クリニックでは安易に抜歯を行うのではなく、歯が持つ可能性を最大限に引き出し、かつ健康に左右で気持ちよく噛める状況を目指しています。
不安や心配をお持ちであれば抜歯に至る前にどうかご相談ください。

歯を抜かない治療

精密歯科治療(ルーペ)
精密審美治療(セラミック治療)
精密根管治療