削らない治療

自由診療でのコンセプト

削らない治療。それは顕微鏡や拡大鏡などを用い大切な歯を余計に削ることのない、歯を守る為の治療です。

そのような治療はもちろんですが私たちが一番大事にしている“削らない治療”とは、その歯の治療の為に必要なものを“削らない”ということです。
咬めているうちは咬める喜びをどうしても理解することができません。患者さんが生涯可能な限り健康に自分の歯を使えるよう、歯科医療に携わる者として一つ一つの治療を確実に行う。その積み重ねが咬める状態を守り、お口の中全体を守ります。

“削らない”とは、そのような治療を行うためにかかる材料や時間を削らないということ。

セラミックスにも品質があります。
色が合うもの。形が合うもの。精度が高いもの。長持ちするもの。からだに良いもの。
どのようなセラミックスを希望されますか?
例えば長持ちするようセラミックスを高い精度でつくるためには、細部にまでこだわるため型取りに高価なシリコン印象材を用いたり、完成までの診療時間も必ず一般保険診療以上にかかります。
それはインプラントでも同じです。体に埋め込むものだからこそ手術前の診査診断、扱うインプラントの信頼性、徹底的な感染対策、一流の技工士がつくる体に合うかぶせもの、それらのどれも削ることは考えられません。

何かを削る治療。それは歯科以外のどの製品どの商品でも同じだと思いますが、何かを削ることでコストは下がるかもしれません。しかし得るものは、かかるコスト以上に何か(健康や長持ち、見た目など)を犠牲にしなくてはなりません。

私たちは“削らない治療”を行うことで、長期の保証とともに最高品質の診療を皆様にお届けします。