・今年も学校検診の時期となりました。

新型コロナ感染が落ち着きつつあり、学校にも日常が戻りつつあります。

そして今年も健康診断の季節となりました。

 

当院ではかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所としてむし歯のなりかけの進行抑制や歯磨きフロス指導等で多くのお子さんの健康を管理させていただいていますが、、

”先月診てもらったけれども学校健診により受診を促す紙をもらったため確認してほしい”

そのような問い合わせを毎年数件いただきます。

 

当院ではお子さんの状態を一緒に来院していただく保護者に歯の状態を見てもらい説明をするようにしています。

そのため”最近診てもらったのになぜむし歯と健診で指摘されたのか?”と言われることはありませんが、むし歯と指摘をされることがあればご両親が心配されるのは当然です。

 

むし歯の診断器により本人やご家族と共に経過観察しているものを指摘されることはもちろんありますが、なにかが歯の溝にはまっていたものをむし歯と指摘され受診したら該当する歯がない、昔の治療のあとが暗く見えた、などのこともあります。

診療室で診ている状況とは異なりますからエラーがあるのは当然のことです。

ご心配があれば再度お口の中の状態を共に確認しますのでお教えください。

 

もし普段お子さんだけでの来院であり、電話等にて状況説明をご希望されるのであれば一緒に来院して状態の確認をしていただけるようお願いいたします。