セラミックスインレー(詰め物)によるむし歯治療

男性患者さんの上顎前から4、5番目の銀歯がむし歯再発により治療が必要な状態となりました。

歯と歯の間が原因のむし歯の治療では多くの場合にこのように金属をはめ込むインレー修復という治療が行われます。

治療前の写真です。上顎のこの位置の銀歯は笑うと”隠れていた銀色”が出てきて見えてしまうため気にされる方も多くいらっしゃいます。

文京区千石茗荷谷高橋歯科クリニック文京

銀歯を除去すると中はこのような状態となっていました。 神経を残せるかどうかという状態です。

文京区歯医者高橋歯科クリニック文京

これほどのむし歯でも多くの場合で患者さんには自覚する症状がありません。

銀歯による治療はこのようなむし歯の再発が短い期間で起こりやすいため、保険にて安価でむし歯治療を受けることができますが歯を長持ちさせるような”歯のための治療”とは言えません。

 

 

歯の寿命が縮まってしまうため誰もが歯の神経はとりたくないもの。

保険も含めた治療選択肢や、今後どのようにからだと向き合うのかを患者さんと共有した上で、今回の治療を少しでも長持ちさせることが私たちにとっての課題です。

 

 

神経や歯を可能な限り残し、かつ清潔で長持ちさせたいという希望を受けセラミックスを用いる精密な歯科治療を行いました。

下はセラミックスインレーの完成写真です。

 

文京区千石歯医者高橋歯科クリニック文京

”きれいに見える”のは色が合っているだけではなく噛み合わせという要素も含めたその方本来の天然歯に近づける完成がそう感じさせます。

 

天然歯を再現するような完成は銀歯や際に段差があるような精度の低い治療と異なり、患者さん自身がケアをしやすい環境でもあるため長持ちへとつながります。

現在でも治療技術、マテリアルは進化をし続けています。

歯を残したいという患者さんの想いに応えることができるようより自然で長持ちしやすい完成を目指し続けています。

 

 

・セラミックスインレーについて

むし歯を取り除き歯型を採り、次回来院時に保険診療とは異なる接着法を用いることでより強固に接着をさせます。むし歯を取り除く際やセット時に患者さんの希望により麻酔を使う場合があります。もししみる、痛い等のことがあれば遠慮なくご相談ください。

調和する精密な治療、強固な接着を行うことでむし歯の再発や歯周病の進行等を防ぎやすい環境をつくります。銀歯に比べ清潔で長持ちする治療ではありますが、銀歯などのむし歯治療と同様に神経が傷んだ際には修復物を除去し抜髄治療を行う場合や硬いものを噛んだ等により修復物が破折する場合がないとは言い切れません。歯のダメージによっては治療後しばらくしみる、噛むと違和感などを覚える場合があります。

歯科治療とは人のからだに行うものであり治せば全てのケースで良好な結果を得られるものとは限りません。その為、当院では患者さんを守るため保証制度も設けていますので術前にご確認ください。

治療期間は1〜2週間、来院回数は通常2回となります。

セラミックスインレー:60,000円 (アンレー(咬頭を含む大きな詰め物)については10,000円の追加となります)