スーパードクター撮影日記

始まりはもう半年前になります。

スーパードクターという番組があり、話を聞かせてほしいと制作会社さんから診療中に電話がありました。

 

数回のヒアリングにて診療理念や診療内容についてお話しをさせていただき、当院を取り上げるかどうかというテレビ局での制作会議を経て11月に撮影、先日の放映となりました。

 

撮影は二日間にかけて行われたため、診療風景や患者さんインタビュー、衛生士とのミーティング、全体ミーティングだけではなく、治療内容についても結構なボリュームでした。

 

ただ、15分の放映時間。

様々なシーンの撮影をしましたが今回の番組で何にフォーカスを当てるのかを制作の方と詰めていく過程で、私たちの医院は空気の良さ、歯科医療への考え方を主にするべきではと言ってくださり、先日の内容になりました。

医療番組をつくられている制作の方々にそれだけ評価をしていただけたことに素直に嬉しく思っています。

 

 

番組内で歯科治療は難しいと言いましたが、本当に難しいことをしていると感じています。

自分の100%の気持ちで治療をしていても神経が傷むなど患者さんが望む結果を出せないことがありますし、治療では歯やお口の状態によっては予期せぬことも起こり得ます。

全ての方にとって答えになれるような医院となることができたらと思いますが、医院方針、対応など人の相性と同様に全ての方に認められるものでもありません。

だからこそ、これからも学び続けながらより良い医療を提供することができるように努め社会へ貢献していく、それが社会人、医療人としての責務だと思っています。

 

 

笑顔を見せてもらえるような医院にしたい、そのような医院でありたい。そのためにも今日よりも明日の方がもっと上手くなっている、もっと良いこと、もっと良い対応ができる。そう意識をし続けながら進んでいます。

 

いつもご理解をいただき感謝をしております。 ありがとうございます。