現在の状況により生じるお口の問題  新型コロナによる影響と対応について

当院はかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所として小児のむし歯の進行抑制のための継続管理、成人から高齢者患者さんに口臭や歯の喪失、全身疾患原因となる歯周病の治療だけではなく患者さんの状態に合わせた歯周病安定期継続管理を積極的に行うことが認められています。

そのため定期的に来院される患者さんが多数いらっしゃいますが、まだ2ヶ月ほどではありますがコロナの影響による社会環境激変が患者さんのお口の中の問題にも関係してきていると私たちは感じています。

 

ある小児患者さんの経過観察中のむし歯がこの短期間で進行していました

もちろん全ての患者さんに言えることではありません。

ただ、小児の患者さんが家にいる時間が増えたことでお菓子やジュースなどを口にする機会が増えたと答えるご家庭が増え、この環境がむし歯を進行させる状況をつくっている可能性があります。

それは成人でも同様で、ステインがつきにくい方に変化があったためお話を伺うと最近テレワークとなりお茶やコーヒーをよく飲むようになったと答える方もいます。

お口の中で細菌が増え歯磨きフロスによる出血やネバネバがでてくるとむし歯も歯周病も進行するリスクを抱えている状態です。

 

在宅時間が増えることで気分転換も必要となりますので好きなものを食べ、飲んでいただいて良いと思います。

ただ、アドバイスとしては院内でもご説明させていただいているように患者さんの状態に応じた適切なセルフケアとだらだらと口にせずメリハリをつけることが大切です。

このような時期ですから来院は無理されず、お口も体の健康も大切に守ってください。

 

当院の新型コロナへの対応

コロナウイルスから患者さんや患者さんのご家族だけではなく、スタッフや私たち家族も守ることができるように、医院が感染者をつくる原因となることがないように細心の注意を払っています。

(当院では治療に用いる器具などの感染予防だけではなく、抗菌・抗ウイルス殺菌水を用い空気を清潔にする、手指消毒をできる環境とするなどの対応をしています。この殺菌水はからだに無害かつとても強力であるため歯周病細菌治療としても使用しています)

また、お口の中で雑菌が増え不潔になるとお口の問題だけではなく肺炎やインフルエンザなどの発症にもつながりやすくなるとされているため、この状況でもキャンセル少なく来院していただいています。

ただ、微熱が続くなどの状況はもちろんのこと、咳が出る状態やご家族に体調が優れない方がいる場合にも来院は避けていただけるようお願いいたします。

 

このような状況になり改めて何気ない日々の大切さを痛感します。

世界を取り巻くこの状況、この不安が少しでも早く改善することを祈っています。