緊急事態宣言発令後の診療について

お口の健康で困られている方は多く、医療機関への通院は自粛対象外とされているため緊急事態宣言発令後も当院は診療を行っています。

 

 

患者さんや患者さんのご家族はもちろんのこと、大切なスタッフや私たちにも感染者がでるような状況は防がなくてはなりません。

患者さんにはもちろんのことスタッフの大切な人に診療も行いますし、医院が感染の原因となることがないよう日常から診療器具だけではなく院内への対策も可能な限り行っていましたが、更に新型コロナへの感染対応を行っています。

 

様々なお口の疾病により来院していただいているため治療の必要性への線引きは難しいところと感じています。

このような状況ですのでご心配があればご予約変更の連絡をいただけるようお願いいたします。

 

 

現在の状況により生じるお口の問題 新型コロナによる影響と対応について にも書きましたが在宅時間が増えることで起こる問題もあります。

経過観察していたむし歯のなりかけが穴になってきたお子さんもすでに何人かいます。

ネバネバ、ザラザラ、ジワっと血が滲むなどはお口の中の細菌環境が悪化してきているサインです。この状況ですので通院を勧めることはありませんが口腔内を清潔にすることは全身に良い影響を与えます。

お家での時間をお口のケアに割き感染予防に努めていただけるようお願いいたします。

 

 

当院では咳が出ている方、37.1℃以上ある方は診療をお断りさせていただいています。

体調が優れない方はご予約の変更をお願いいたします。

 

からだに無害の殺菌水の院内散布やうがい、手指消毒。医院に関わる全ての方を守ることができるよう様々な感染対策を行い診療をしていますが、今後はスタッフの通勤、診療に必要な材料の不足など、予期せぬ形で診療継続が困難となる可能性もあります。

状況に応じた対応をホームページにてお知らせいたしますのでご確認ください。

宜しくお願いいたします。