笑うと見える銀歯をセラミックスへ

文京区茗荷谷千石歯医者,高橋歯科クリニック文京

 

男性患者さんの左側の笑うと見える銀歯を除去しセラミックス治療を任せていただきました。

この2年でオンラインによる会議が増え、人を相手にする仕事をされている方、教壇に立つ方などが自身の表情を見る機会が増えたことで清潔な歯、口元への意識が高まりました。
銀歯が与える笑顔への影響を理解されたことでセラミックス治療を受けたいという患者さんが当院では新型コロナ流行以前に比べ更に増えました。
見た目の問題だけではなくお口の健康が大切だということを再認識し、歯のための、写真のような治療を受けたいと願う方が増えたことが関係します。

当院で行うセラミックスは白ければよいというものではなく、その方の笑顔に調和させるセラミックス治療を常に目指しています。

また、銀歯を目立たなくすることが目的ではなく強固な接着法、精密な歯科治療を行うことで極力神経を失わせないということを目的としています。
つまり当院で行うセラミックス治療は歯を生かすために行なっているため(付加的に自然な完成を得る治療)医療費控除の対象となります。

銀歯を除去した際には銀歯の中でのむし歯再発により神経を失う可能性がありましたが神経を残すことができ、また、歯を気にすることなく笑える完成に喜んでいただけました。

この11月も千葉や神奈川、埼玉から初診で困られている方が写真のような治療を受けたいと来院されました。
日曜日は特に遠方から来られている方が多く予約をとりにくい状況となっていますが、予約を待ってくださる方一人ひとりにこれからも集中して診療します。
より多くの困られている方を笑顔にすることができるよう努めます。
通院してくださっている皆様、いつもご理解をいただきありがとうございます。

Instagram