精密な歯科治療が生み出す一般歯科治療との違い

一般歯科治療とは異なり、顕微鏡や拡大鏡を用いる歯科治療では質と精度が上がることで歯の寿命は変わります。

 

精密歯科治療(ルーペ)

精密審美治療

 

当院では保険による一般歯科治療においてもこだわりをもって行っていますが精密な歯科治療、精密な審美治療も行っています。

 

拡大視野下で行われる精密な歯科治療によりセラミックスなどの材質がさらに生かされ、清潔であり調和をし長持ちする完成へとつながります。

 

また、そのような治療では”神経を可能な限り傷めず、歯を可能な限り削らないことで歯を守る”ということも目的としています。

 

治療を繰り返す度に歯質は失われ神経の喪失、抜歯へと近づいてしまいます。

一つの治療が長持ちをし再治療を先延ばしすることができるほど歯の寿命は延びることとなります。

歯を残したい、きれいに治したい、しっかりと治したいなどのご希望があればご相談ください。