総合的な矯正治療 当院矯正患者さんが多い理由として

当院が矯正治療で見ているゴールとは ”きれいな歯並び”  ではありません

きれいな歯並びは患者さんの多くが目指すゴールではありますが、歯科医療に日々携わることで歯並びだけをゴールにはできないという現実と私たちは直面しています。

 

矯正治療だけではなく、総合的な矯正治療により矯正治療の満足度を高める

現在30代から50代でお子さんの矯正を考えている世代の方など、過去のご自身の矯正治療中にむし歯ができたことで銀歯やプラスチックのつぎはぎが増えたり、かみ合わせが良くないまま終わりとなっていたり、残念に思われている患者さんが多々いらっしゃるからです。

矯正治療後の歯間 不適合なプラスチック

そのような方々が今、

歯のために、神経を残すために銀歯をセラミックスに変えたい。

歯並びだけではなくお口の中を明るくしてより笑顔を気にしないですむように銀歯をセラミックスに変えたい。

昔の矯正治療の後戻りや不十分が気になるため矯正治療をまた受けたい。

子どもにとって自身が経験した矯正より前向きなものであってほしい。

そう思われています。

不適合なプラスチックの再治療

不適合プラスチックの再治療後

私たちの目指すゴールは”きれいな歯並び”だけではなく、ゴールへの道のりも大切にし矯正治療後の生涯を患者さんにとって健やかで清潔感のある笑顔でいていただきたいということです。

 

→  小児矯正への取り組み 総合的な矯正治療

 

 

”矯正治療を受ければ素敵な笑顔が約束されている”  かは、わかりません

”矯正治療を受ければ全てが綺麗になる”というものではありません。

矯正中は歯を磨きにくくなることが歯を傷め銀歯などの審美障害を引き起こす可能性を高めるためです。

歯並びが整っても矯正治療中に歯が傷みつぎはぎが増え銀歯が入ればせっかくの矯正治療満足度は下がってしまいます。

矯正中から矯正後のお口の健康維持に向けて良いケア習慣を身につけること、矯正治療中に歯を極力傷めることのないようむし歯、歯周病の管理をすること、(矯正治療終了まで待つのではなく必要に応じ)矯正医と連携し最小限で済ませるむし歯治療を行うことはとても重要です。

特に装置や歯並びの状態など、”矯正中の変化” に応じる衛生士によるケアは重要であり、素敵なゴールを迎えるためには患者さんのモチベーションも合わせて欠かせません。

 

矯正治療をして良かった。

そう思っていただけるよう患者さんと10年先の笑顔を見て一緒に歩む矯正治療を提供していたいと思っています。

 

 

当院矯正治療の強みは、患者さん、矯正医、歯科医師、衛生士との連携をとれるところにある

当院では矯正治療中もむし歯になりづらい環境をつくれるよう管理をし、矯正中でも必要があれば矯正医と連携の上で大切な歯に精密な歯科治療を行い、そして歯の寿命を延ばすためにも矯正医と歯科医師とでかみ合わせも理想を目指すという総合的な矯正治療を行っています。

つまり私たちが矯正治療において必要と感じている要素として

・矯正医が見ているゴールを歯科医師とも共有をすることで歯並びだけではなく様々な観点から最善を目指す

・矯正治療の質

・衛生士による、矯正治療中の変化に対応する細菌・むし歯のコントロール

・かみ合わせも診る歯科医との連携

・矯正治療中、治療後のむし歯治療の審美も含めた歯科治療の質

が挙げられます。

矯正治療の満足度を高めるためにはいずれも欠かすことができません。

 

矯正医の視点だけではないことが当院の特徴

歯並びは審美の回復だけではなくかみ合わせによる歯の寿命、磨きやすさ、むし歯・歯周病リスクにも影響を大きく与えます。

矯正医の治療方針に歯科医と衛生士が関わることはそれぞれが緊張感を持って診療にあたることにつながるだけではなく変化や問題に気づく機会が増えることとなります。

矯正歯科との連携を深くとれる環境だからこそ、よりよい矯正歯科治療・フォローを行うことができるのです。

 

当院では矯正医と歯科医、衛生士との様々な視点から患者さん一人ひとりにとってのお口の健康・環境において最善を模索し続けていることで矯正治療の質を更新し続けています。

 

総合的な矯正治療の内容として

・矯正治療による最終的なかみ合わせは私たち一般歯科領域と深い関わりがあり、数十年後の患者さんの歯の寿命に影響を与えます。 その為、矯正医とかみ合わせについてもゴールを共有しています。

・矯正治療中はとてもむし歯になりやすい環境となるためケアの仕方の確認、口腔内細菌コントロールがとても重要です。 矯正治療中の歯並び・お口の環境の変化に対応をするフォローが必要であるため担当する衛生士との連携は欠かせません。

・矯正治療後のむし歯治療により銀歯が増えつぎはぎのような状態となることがきれいな歯並びの嬉しさを半減させるだけではなく歯の寿命を縮めてしまうため矯正医と連携した一般歯科治療も必要となります。

・当院での矯正治療後に必要なむし歯治療や銀歯・つぎはぎの修復には、可能な限り神経を失わずに残すことができるよう精密な審美歯科治療も受けていただけます。

歯並びがきれいになると嬉しくて鏡を見る機会が増えます。

矯正後の笑顔をより輝かせる、歯のためでもある審美治療は当院の最も得意とする分野であり矯正治療と合わせて審美の回復を希望される方がとても多いため治療費に割引をさせていただいています。

 

 

矯正治療の予約状況について

現在矯正治療のお約束をとりにくい状況となっております。申し訳ありません。

通ってくださっている患者さん方には日頃よりご理解をいただき感謝をしております。

矯正のサポートをする衛生士さんも加わり日曜日に受け入れられる患者さん数が増えましたが、更なる対応を考えています。

一人ひとりに最善を尽くすことができるよう、そして治療の最後には”矯正をして良かった”と思っていただけるようこれからも努めます。

 

 

当院で矯正を考えている患者さんへ

当院には治療コンセプトがあります。

きれいで健やかな笑顔と日常を。  予防も含めた総合的な矯正治療です。

信じて任せていただける患者さんの期待に応えたいと常に思っています。

また、当院では総合的な矯正治療を行っているだけではなく、矯正治療の質を高め極力治療回数・期間を減らせるよう、小児矯正では開始時期や治療方針によりコストを抑えることができるよう努めています。

 

そのため矯正治療の評判により来院される患者さんも多くいらっしゃいますが、通院されている歯科医院が他にあり矯正治療のみを当院でと希望される方には予約をとりにくい状況もありお勧めいたしませんので予めご了承ください。

また、矯正治療はどこで受けても同じと思われている方にとっても予約をとりにくい状況がストレスとなる可能性がありますのでお勧めしていません。

治療のご希望があれば矯正無料相談時に予約状況についてもご確認ください。

 

矯正を行なっている様々な医院が周囲にあります。

矯正だけを行なっている医院もあれば一般歯科にて矯正医が月に1、2日診療する医院もあります。

当院は矯正治療だけではなく予防、むし歯治療、かみ合わせはもちろんのこと、審美の質にもこだわりをもって総合的な歯科治療に取り組んでいるためお子さんから成人の矯正まで多くの方に通っていただいています。

矯正治療費や通いやすさはもちろんのこと矯正治療中やその後のフォロー、治療コンセプトなども含めてどこで矯正をされるのかご検討頂いて良いと思います。

 

 

矯正治療中の矯正器具の不具合や痛みへの対応

矯正の先生が毎日いるわけではないため、なにかあった時に対応をしてもらいづらいのでは?

そう思っていたという患者さんがいらっしゃいました。

 

矯正治療中のワイヤー、ブラケットなどの脱離に関しては一般歯科で対応をできることも多々ありますし、月に5、6日の矯正治療日があり(治療費かかることなく)フォローをさせていただいているため治療の進行に与える大きな影響はほぼありません。

現在、当院には多くの矯正治療中患者さんがいらっしゃいますが上記のような急患対応は月に一人いらっしゃるかどうかという状況です。

ワイヤーが外れて頬に当たり痛みがあるなどの場合は(2、3ヶ月に一人いるかいないかですが)まずすぐに一般歯科にて対応もしています。

その時その患者さんの状況によりますが矯正医とともに不安に対応できるよう努めています。

 

 

予防をコンセプトとする医院での総合的な矯正治療

予防や審美にこだわりがあり歯をきれいに残すというコンセプトを持つ歯科医院にて矯正治療日が5、6日ある医院を探すことは容易ではありません。

当院もはじめは月に1日だった矯正治療日ですが、今では”お口の健やかな健康・笑顔のために”とそれだけ多くの患者さんに矯正治療を受けていただいています。

 

予約を取りにくい状況の改善はこれからも私たちにとって課題ですが一人ひとりに最善を尽くすことができるよう努めます。

矯正相談は無料ですのでご希望・不安等がありましたご相談ください。