顕微鏡だからこそできること

神経を取り除いた歯にはコアという治療が必要となります。

文京区茗荷谷高橋歯科クリニック文京

 

向かって左はメタルコア、右はファイバーコアと呼ばれるものです。

以前は金属を用いるメタルコアを使用していましたが、歯を折るような力がかかりにくいよう、そして審美的にも問題にならないよう最近では金属を用いないファイバーコアというものを使用する流れに変わってきています。

その違い等は治療の流れの中で説明をさせていただいていますのでここでは触れませんが、それぞれ一長一短があります。

このファイバーコア。

歯にとって良いことが多いのですがデメリットもあります。

いつか再治療が必要となり削って除去しなくてはならなくなる場合に、歯と色が似ている上に歯根の深い位置まで流し込まれているためコアだけではなく歯を削ってしまうリスクが多分に伴ってしまうのです。特に歯根内深くにはライトが届きにくいため、このような歯の色と似ているコアだけを正確に削るということは肉眼では不可能に近いと言えます。

 

先日マイクロエンドを希望され初診来院された患者さんは、抜歯と言われた歯を残したいと望まれていました。

コアを除去する際に歯とファイバーコアとの見分けがつかず歯根を削ったことで歯根に穴があき、抜歯と宣告された状態でした。

MTAセメントにより穿孔部位封鎖を行い幸いにも抜歯することなく歯を残せましたが、同様のことが多発しています。

 

顕微鏡を用いる歯科治療では肉眼での歯科治療と全く異なる質の治療内容を行なえます。

例えば”月を見たい”と望むとします。

肉眼で目を凝らして見るか、望遠鏡を使い拡大して見るか。

それほどの違いが治療の質においても存在します。

患者さんの”歯を守りたい。歯を残したい”という想いも手伝ったことで、歯科医療のスタンダードは”手探りでの歯科治療”から、より確実な治療を行なうための”精密な歯科治療”に変革を遂げすでに10年を超えています。

 

歯を削れば元には戻りません。精度にこだわることが歯の寿命を変えます。

コア除去時に歯に決定的なダメージを加えないためにも、歯に最善の治療を行なうためにも現在の歯科治療には顕微鏡は必須です。

文京区茗荷谷、千石の歯科医院高橋歯科クリニック文京は患者さんの様々なニーズに応えるため(拡大鏡や顕微鏡を用いる)精密歯科診療も行なう歯科医院です。 (基本的に精密な歯科治療の多くは自由診療となります)