限りなく痛みのない麻酔・治療を 歯科麻酔が苦手な方へ

歯科治療は“痛くない、怖くない”時代へ

当歯科クリニックでは患者さんの精神的、肉体的負担を減らすことができるよう無痛治療を常に目指しています。
現在、多くの方が歯科治療には辛い痛みを伴うと考えています。また、歯科治療を経験された方のうち、ほぼ全ての方が痛みの強い麻酔を受けられています。そのような歯科治療への恐怖心が受診するきっかけを失わせ、歯が崩壊するまで放置してしまうことも少なくありません。特に小さなお子さんの処置で痛みのない治療を行うことは、歯科との関係を生涯良好なものにできる可能性があります。

注射の痛みが嫌いな方へ

治療に臨まれる患者さんの負担を精神的にも身体的にも減らしたい。その想いから特に麻酔に関して、痛みのないよう心がけています。
なぜなら私自身も麻酔を受けることが大の苦手だからです。

当歯科クリニック独自の無痛麻酔技術

表面麻酔やコンピューター制御の麻酔を用いる方法が無痛麻酔と言われる一般的な方法ですが、歯肉に針が刺さる瞬間、注射の強い痛みがあります。
痛みを極力なくすため、当クリニックでは独自の無痛麻酔を行っています。

機械による圧制御下での麻酔や、33ゲージというとても極細の麻酔針を標準に使用しているだけではなく、特殊な技術を用い更にチクッを軽減しています。

治療部位によってはチクリを感じない場合もあります。

 

痛みや辛さを少しでも軽減し歯科医院に通いやすい環境をつくることが、皆様の歯を守ることに繋がると考えているため、可能な限り痛みのない治療を目指し続けています。
患者さんの立場にある特別な歯科治療を是非体験してください。

 

小児歯科にとっても痛みの少ない麻酔は有効となる

お子さんが痛みの強いむし歯治療を受ける際にそのまま我慢させて治療を行うことによってその子にトラウマを抱かせる可能性があります。
もし麻酔が痛くなかったらお子さんも楽な上に治療をしっかり行うこともできます。
そして治療後のお子さんの表情を想像してみてください。本人は自信を持っているはずです。

私たちは歯科医療が地域の皆様にとって前向きなものであるよう願っています。