入れ歯

様々なニーズにお応えする入れ歯治療

入れ歯とは取り外しが可能の抜けてしまった歯を補う装置のことです。
入れ歯を使われている方のほとんどが違和感、しゃべりにくい、食べ物の味がしない、取り外しが嫌、バネが見えて入れ歯が入っていることが分かってしまう、外れる、痛いなどのなにかしらの問題で悩まれています。
現在では様々な入れ歯があることはご存知ですか?
違和感が少ない、バネが見えない、痛みがでにくいなど入れ歯の問題を極力解決できるよう入れ歯の種類、治療法が増えています。どのようなものをつくれるのかご説明いたしますのでなにか入れ歯に関してご希望がありましたらご相談ください。

また、当歯科クリニックでは副院長が大学病院で入れ歯(補綴)を専攻しておりましたので、より専門的な対応も可能です。
もしお悩みがありましたらご相談ください。

フレキシブルデンチャー

バネのない入れ歯(金属を使用していない入れ歯)

フレキシブルデンチャー見た目にも気付かれにくく装着感にも審美的にも優れています。
調整が困難というデメリットがあり、どこの医院でも出来るというものではありません。
金属アレルギーの方にも安心してご使用していただける入れ歯です。
当歯科クリニックで作製させていただくフレキシブルデンチャーは日本国内で作られるものです。

金属床義歯

金属床金属を使用することにより、食べ物や飲み物の冷たい・温かいがすぐ伝わるので美味しく食事をいただけます。
また薄く作れるのでフィット感が増します。

磁石式入れ歯

磁石式入れ歯バネの代わりに磁石の力で固定する入れ歯でぴったり吸着します。
歯根に「磁性金属」を取り付け、入れ歯に「小型磁石」を埋め込み、この2つで固定します。

磁石式の入れ歯は

◯装着・取り外しが簡単
◯見た目に自然
◯お手入れが簡単
◯ピッタリと固定でき良く噛める

等のメリットがあります。

磁石式入れ歯の注意点

磁石式入れ歯磁石は人体に影響はありませんが、MRIなどの検査をされる際は取り外す場合があります。
詳しくは担当医にお問い合わせ下さい。

レジン床~初めての方も安心 保険で作れる入れ歯~

保険で作れるピンクの入れ歯

レジン床とは、ピンクのレジン(プラスチック)でつくられた一般的な入れ歯です。
保険で作れ、入れ歯の調整や壊れた場合の修理が比較的簡単です。
入れ歯を新しく作った当初は、どうしても違和感やあたるところなどがでてきます。

抱えられている悩みをご相談ください

上記の入れ歯以外にも審美的な入れ歯や、残る歯と合わせてつくる精密な入れ歯などの選択肢がありますので、現状にどのような悩みを抱えられているのかをお教えください。