ダイレクトボンディング 審美用強化プラスチック治療のご案内

歯科治療ではよくCR(コンポジットレジン)という材料を用い、むし歯治療を行います。

”歯科用のプラスチック”と患者さんに説明をさせていただいているものです。白い完成となりますが保険が適用となる治療法です。

 

ただ、このプラスチックは経年的に汚れがつきやすくなり、黄色く着色したり接着が壊されてしまいます。

もしこのプラスチックの周りやその中でむし歯の再発などが起こればさらに大きなつぎはぎのような修復となり、前歯であれば審美的にも大きな問題となってしまいます。

 

ここでは”審美用強化コンポジットレジン”という治療法をご案内します。

プラスチックによる治療が綺麗に少しでも長持ちしてくれたら、、、そのような願いに応えるのが審美用強化コンポジットレジン治療です。

審美用強化コンポジットレジンは、保険でのプラスチック治療に比べ強度が高いということ、変色が起こりにくいということ、スメアー層除去によるより確実な接着法を用いることで、”綺麗に長持ちをさせる”という目的を持つむし歯治療法です。(審美用強化コンポジットレジン治療は保険適用ではありません。保険でのCRプラスチック治療と同じような内容ですが、用いるCRの材質、接着法、拡大視野下での精密治療などが保険とは異なります)

 

 

1 以前に治した調和していないプラスチックが変色し、裏側にはむし歯ができていた症例

高橋歯科クリニック文京 茗荷谷の歯医者

上は治療前の写真です。

文京区の歯医者 高橋歯科クリニック文京

審美用強化コンポジットレジンを用い治療を行いました。

前歯のむし歯もこのように綺麗で長持ちしやすい治療を行うことが再治療が必要となるまでの期間を遅らせ、歯の寿命を延ばすことにつながります。

2 前歯の間に隙間があるケース

文京区千石高橋歯科クリニック文京

右上のかぶせ物の不調和と共に笑顔の真ん中に位置する歯と歯の隙間を気にされていました。

文京区千石高橋歯科クリニック文京

前歯の隙間を審美用強化コンポジットレジンで埋めることで歯のサイズも調和する完成としました。

この治療に関しては歯を削るということをしていません。 当院審美用強化コンポジットレジン治療の長所の一つ、強固な接着は歯にダメージを最小限にするということを可能にします。

むし歯治療は受けずに済めば済むほど歯は良い状態で未来に残ります。

再治療を少しでも遅めることができるよう、精密なむし歯治療を行うことで前歯や笑顔を守ろうと努めています。

3 奥歯での審美用強化コンポジットレジン治療

高橋歯科クリニック文京 茗荷谷 千石 新大塚 護国寺

20代女性、生えたての時にむし歯治療を受け金属がはまっていました。

下の歯でしたので見えるのを気にされていました。

高橋歯科クリニック文京 茗荷谷 千石 新大塚 護国寺 歯医者

金属とむし歯を除去し、審美用強化コンポジットレジンにて治療を終えました。

奥歯は審美的な要素よりも汚れのケアが難しくなり、咬む力もかかる場所です。

そのような状況ではより強固で壊されにくい環境をつくることが歯を守ります。

(奥歯では場合によってはこのような治療が適用ではないことがありますのでご相談ください)

一つ一つのむし歯治療から歯の寿命を変えることが可能です。

しっかりとむし歯治療を受けたいというご希望があればご相談ください。

 

 

 

・ダイレクトボンディングについて

むし歯を取り除きラバーダム下にてEDTA処理を行った後、強化コンポジットレジンにて充填を行います。歯の形態には意味があります。ダイレクトボンディングでは極力歯の形を再現することができるよう努めています。保険で用いられるCR治療との違いはラバーダムを行い強い接着を行うこと、材質が優れていることから変色や摩耗、咬耗しずらくむし歯再発もしにくい完成となります。ただ、奥歯で用いるとセラミックスに比べすり減りが起きやすく、また、欠けないとは言い切れないため再治療が必要になる場合があります。

治療回数期間:当日

前歯:18,000円 奥歯(歯間を含まないもの):27,000円 奥歯(歯間を含むもの):37,000