小児歯科

大切な人の大切な歯を守っていますか?


健康な歯というものは、美味しい食事、楽しい会話、素敵な笑顔をつくります。
子どもの頃の家族での歯みがきや仕上げみがきは良い衛生習慣を身につけ、後の人生をより豊かにします。そんなコミュニケーションの少しのお手伝いを私たちが行います。みがき方など分からないことがありましたらご家族で来院してください。
これらの積み重ねは輝く歯をつくり、お子様の人生をも変える力を持っていると私たちは信じています。
私たちも子育ての最中ですが、親になってよりお子さんの歯を大切にすることを意識してむし歯ゼロを目指しています。子どもの将来のためにお口の中を任せていただける存在でありたいと思います。
当歯科クリニックでは小児歯科治療は主に女医が行っています。お子さんの歯科への恐怖心を取り除き、歯科を好きになってもらえる環境作りを心がけています。
特に小さなお子さんや、歯科に恐怖心をもたれているお子さんは、Dr.高橋和子の診療日をご確認の上、ご来院下さい。

お子さまの治療への取り組み

・お子さまを感染から守る滅菌
・痛みへの配慮
・大切な歯を守る。必要以上に削ることのないむし歯治療
・お口の状況に合わせフッ素やシーラント

を行うことで健やかなお口を目指します。

シーラント  対応年齢6~13才

生えたての歯の溝はむし歯になりやすいため、フッ素が含まれたシーラントという材料で溝を埋める処置。

フッ素

フッ素は、歯を硬く強くし、虫歯になりにくくするためのお薬です。
方法はフッ素を歯の表面に塗ります。フッ素は定期的(年に3~4回)に塗布することが有効です。
当歯科クリニックでも、定期的なフッ素塗布を推奨しております。
歯科医院で使うフッ素は安全量ですので、安心してお使いいただけます。
特に、歯が生えて間もないお子様の虫歯予防には非常に効果的です。
歯磨きとお薬の力を合わせていくことで、より虫歯になりづらい環境をつくっていきます。
歯みがき剤も、フッ素の入っているものを選ぶことで、日ごろからの歯質強化につながります。
当歯科クリニックでも、歯科医院専売の歯みがき剤をいくつか取り扱っております。
お帰りの際、ご相談ください。

フッ素塗布 : 小児の場合には実費はいただかず、フッ素塗布を行います。

ブラッシング・フロス指導

当歯科クリニックではもちろんむし歯の治療を行っていますが、予防歯科に更なる重きを置いています。
必要な治療を行いフッ素を塗布し治療終了。それだけではまた短い期間でむし歯ができてしまいます。
なぜむし歯ができるのかを考え、その子のリスクにあった予防処置を行うことが必要です。
当歯科クリニックでは1歳6ヶ月から自分でみがけるようになる自立までお母さんと共に歩む歯科クリニックです。
”むし歯はできたら治すもの”ではなく原因を考え、歯を守っていきませんか?

高橋家(院長・副院長そして長男)でのフロスへの取り組みをご紹介します。
歯みがきについては時間や方法に差があるとは言えほぼ全ての家庭で行っていただけていますがフロスについてはどうでしょうか。フロスまでしっかりとされているご家庭は3割ほど。
私たちには現在2歳の息子がいますが、乳歯が生え揃うと奥歯に菌が残りやすくむし歯のリスクが高まるためフロスをはじめていかなくてはなりません。

子どもにはご機嫌な時もあれば眠い時もあります。
今日はフロスしないでいいかな。。。
などと一瞬私の頭をよぎる時がありますが私たちが妥協をすれば子どもはそれでいいのだと思ってしまいます。
ある日は親がむし歯にならないためにフロスを頑張ろうね!と言い、ある日はフロスは今日はいいから明日やろうね、もしくは忘れてたごめんね、、と言う。
果たしてそれでいいのでしょうか?
歯のためにと言いフロスをし始めたからには親の都合でする日としない日をつくることはできないため毎日頑張っています。

歯を守るためにはフロスは欠かせません。
そしてフロスを毎日するという習慣をつくってあげることがとても重要です。
私たちも毎日フロスをして気持ちがいいものだということを子どもに伝えています。
上手にフロスまでできたらカレンダーに1日1個シールを貼ったり、子どもが前向きに取り組んでくれるよう様々な努力をしています。
歯は大切なものと気づける年齢になるまで健やかな歯を維持することが親としての責任の一つと思い毎日フロスを通じて息子と向き合っています。

親になってわかることが本当にたくさんあります。
お子さんがいるお母さんの気持ちも、息子達が教えてくれました。
お子さんが三人や二人いるお母さんの大変さ。一人目を育てる大変さ。
私たちはお母さん方のサポートをすることができたらと思っています。
患者さんのライフスタイルや悩みを尊重しながらアドバイスしていけるよう診療に取り組んでいます。

レーザーによる、痛みのないむし歯診断

レーザー光により治療しなくてはならないむし歯かどうかを検知することができるようになりました。レントゲンによる被爆が必要ない上、より確実な診断を行うことが可能です。
痛みはありませんのでお子さんにも安心です。

お子さんの患者さんにも多く来院していただいている理由について

当院では小児歯科医とも連携をとり大切なお子さんの治療内容についても更新を続けています。
大切な歯を守ることができるよう全力で診療していますが、もし不安やご心配があればかかられている方も遠慮なくご相談ください。

 

小児歯科関連 ブログ

”見て見て!”