モニターがない理由について

最近の歯科医院の多くでは診療ユニット(診察台)の前にバーンとレントゲンが映るモニターが配置されています。

見学に来られた歯科関係の方から先日も聞かれました。

このような歯科医院でなぜモニターを置かないのでしょうか?と。

 

ただ、私からすると、なぜレントゲン写真やむし歯の写真を患者さんの目の前に置くのでしょうか?

見たい、見せたいというニーズが患者さんと歯科医院との間に成り立っているのかに疑問を覚えています。

様々な理由があると思いますが、私がもし歯にコンプレックスを持っていたら、”起き上がる度に目の前に傷んだ状態のレントゲンが映っている”ということに良い気分はしません。

また、お口の中のことは人には知られたくないものですから、それを複数のスタッフや後ろの通路を通る他の患者さん方に見られるということにも複雑な思いを抱いてしまいます。

 

レントゲンは診断、説明、治療を行う際に必要となりますが、当歯科クリニックでは操作説明しやすいモニターやipadにて説明を行い、診断・治療時も担当が確認しながら診療できる状況下にあります。

 

 

実際にお口の写真、状況は見たくないと言われる患者さんは多くいらっしゃいます。

ただ、”むし歯があるから削って治療しておきますね”などということは当院ではあり得ません。

当クリニックではむし歯やお口の相談には患者さんに現状を見てもらい共有するということを大切にしています。

私自身も治療を受ける際には、納得して治療を受けたいからです。

当歯科クリニックの診療スタイルについては是非受診し体感していただけたらと思います。

 

 

 

補足となりますが、顕微鏡を使う歯科医院として顕微鏡がある部屋には診療補助スタッフもモニターを見れる環境を確保しています。普段はレントゲンをモニターに映してはいませんのでご安心ください。

文京区茗荷谷高橋歯科クリニック文京

文京区茗荷谷・千石の高橋歯科クリニック文京では患者さんの視点も含め診療体制を整えられるよう努めています。