レーザーによる、痛みのないむし歯診断

高橋歯科クリニック文京 副院長の高橋和子です。

今回担当する私のブログでは、”レーザーによる、痛みのないむし歯診断”についてお話しをしようと思います。

 

治療を必要とするむし歯なのかどうか。

今まではレントゲン、探針による触診、視診によるも診断が主でしたが、歯科医療の技術進歩によりダイアグノデントペンという診断機器が生まれ、レーザー光により治療しなくてはならないむし歯かどうかを検知することができるようになりました。

 

むし歯なのかどうか。

レントゲンを撮ることで得られるむし歯の診断精度・感度(Dr.Lussi他 Journal of Dentistry 34(2006))は約50%とされています。

ダイアグノデントペンでの診断では90%であり、レントゲンによる被爆が必要ない上、より確実な診断を行うことが可能です。(ちなみに、視診による診断精度は12%となっています)

 

主訴に応じてですが初診時などレントゲンを必要とする場合がもちろんあります。

ただ私も二人の子の親ですので放射線被爆については必要最小限に留めたいと考えています。実際にダイアグノペンを導入したことで、特にお子さんの診療においてレントゲンを必要とするケースを減らすことができました。

 

より確実な診断をできるということは、無闇に歯を削り失うのではなく、まだ治療をしなくてよい歯を予防することができるというポジティブなもの。

もちろん痛みはありませんのでお子さんにも安心です。

むし歯を検知すると、とてもキュート? シュール?な音がします笑

 

 

もし治療が必要であれば必要最小限の治療を行わなくてはなりません。

もし治療が必要のない状態であったのであれば歯は削ってしまうことで消えることのないダメージを負ってしまいます。

数値により治療が必要かどうかがわかるダイアグノデントペンは予防歯科には欠かせないものと私たちは考えています。

 

開院以来、治療を行うだけではなく一人ひとりのリスクに対応する歯を守るための歯科医療を行なっていることで多くのご家族に通院していただいています。

医療においても進化をし続けています。 当院はバージョンアップを常に続ける歯科医院です。

実際に受診をしていただくことで私たちの小児・予防歯科への取り組みをご理解いただけると思います。

今後も”どのようにお口の健康と向き合っていくのか”について共通の理解を持ち、共に歩む歯科医院でありたいと願っています。 ご不安やご心配をお持ちであればご相談ください。