歯を削らないというコンセプト むし歯を進行させるラクトバチラス菌

むし歯予防唾液検査の内容の一つ、ラクトバチラス菌についてご紹介します。

ラクトバチラス菌はむし歯を進行させる役割を持つため、唾液検査でリスクを知ることが重要です。

検査結果はこのように一人ひとり全く異なります。

高橋歯科クリニック文京茗荷谷

文京高橋歯科クリニック文京

上の検査結果では白い点が多いほどむし歯が進行するリスクが高まります。

ラクトバチラス菌は炭水化物を食べた量に比例すると言われており、むし歯の中や合いの悪い銀歯などの回りに特に多く存在し、酸を出すことで歯を溶かしむし歯を更に進行させてしまいます。

むし歯があれば治療を行なう。歯と合っていない、調和していない銀歯などがあれば菌が残りにくい質にこだわる治療を行なう。そしてPMTCにより歯の表面のヌメヌメ(バイオフィルム)の除去を定期的に行なう。

これらを行なうことにより再検査では菌量が変わります。

むし歯予防唾液検査でリスクを知ることも重要ですが、総合的な歯科医療が歯を守ります。