顕微鏡・拡大鏡を使う理由  精密な歯科治療が歯の寿命を変える

歯は健康を維持するためには欠かせない大切なものです。

その大切な歯を削れば二度と戻ることはありません。

文京区茗荷谷高橋歯科クリニック文京

歯科治療では、なにが歯のための、歯を守るための治療と言えるでしょうか?

むし歯が再発しにくい、最小限の侵襲(歯をできるだけ削らない)、細菌が付着しにくい完成が歯を守る要素となります。

では、このような治療の質はどうしたら得られるのでしょうか?

文京区千石高橋歯科クリニック文京

私たちは拡大鏡や顕微鏡を用いることで治療の質を異なる次元に引き上げています。

拡大視野下による、より確実な歯科治療により歯の神経を残せる可能性も高まります。

文京区茗荷谷高橋歯科クリニック文京

調和する完成がむし歯再発や歯周病からも守りやすい環境をつくります。

例えば、私自身が脳外科でのオペが必要になったとします。

もちろん他にも様々な要素はあると思いますが、肉眼でのオペを行う病院と、顕微鏡などに熟練した拡大視野下でのオペを行う病院を選択するのであれば迷うことはありません。

見えているものが異なるということを精密な歯科治療を行いながら実感しているからです。

 

 

歯をできるだけ削りたくない、歯を残せるようより確実な歯科治療を受けたい、笑顔や歯周組織と調和する治療を受けたい、歯のためとなる治療を受けたい。

当院の特徴の一つ、拡大視野下での治療ではこのような審美や痛み、歯の状態に困られている方ほど実感していただけると思います。 お口の健康に不安や悩みがあればご相談ください。

 

 

精密な歯科治療が歯の寿命を変える理由として

1 精密歯科治療により歯の神経を残せる可能性が高まります。 歯の神経を少しでも良い状況で長く残していけるよう行う特別なむし歯治療があります。歯髄保存治療をご覧ください。

2 写真のような精密な審美治療が笑顔を変えるだけではなく、むし歯の再発、歯周病リスクも変えます。精度、材料、接着にこだわる完成が歯の寿命を延ばすことに繋がります。

3 コアの除去 神経を喪失している歯にはコアという土台がほとんどの場合で入っています。歯の中深くまで入っているコアを削って除去するには顕微鏡を用いることで(直視しにくい中、歯根にはまっているものを削るということはとても大きなリスクがあります。不必要に歯を削ってしまうことで抜歯に至る致命的な傷を負ってしまう場合があります)肉眼での治療とは全く異なるレベルの安全なコア除去を行うことが可能となります。

4 マイクロエンド 顕微鏡を用いる精密根管治療は手探りでの根管治療をより確実な治療に変え、不可能であった治療をも場合によっては可能とします。 歯を抜きたくない。できるだけ良い状況で残したいという方が特に選択する治療法です。

 

 

※精密な歯科治療は時間や用いる材料も保険治療とは異なるため、基本的には保険外診療にて行なっています。

 

 

 

・ハイブリッドインレー  ・セラミックスインレーについて

むし歯を取り除き歯型を採り、次回来院時に保険診療とは異なる接着法を用いることでより強固に接着をさせます。むし歯を取り除く際やセット時に患者さんの希望により麻酔を使う場合があります。もししみる、痛い等のことがあれば遠慮なくご相談ください。

調和する精密な治療、強固な接着を行うことでむし歯の再発や歯周病の進行等を防ぎやすい環境をつくります。銀歯に比べ清潔で長持ちする治療ではありますが、銀歯などのむし歯治療と同様に神経が傷んだ際には修復物を除去し抜髄治療を行う場合や硬いものを噛んだ等により修復物が破折する場合がないとは言い切れません。歯のダメージによっては治療後しばらくしみる、噛むと違和感などを覚える場合があります。

歯科治療とは人のからだに行うものであり治せば全てのケースで良好な結果を得られるものとは限りません。その為、当院では患者さんを守るため保証制度も設けていますので術前にご確認ください。

治療期間は1〜2週間、来院回数は通常2回となります。

ハイブリッドインレー:36,000円  セラミックスインレー:60,000円

アンレー(咬頭を含む大きな詰め物)については10,000円の追加となります。