QOLまでをも変えうる歯周病細菌治療

耐性菌・アレルギーリスクのない からだに優しい歯周病細菌治療

多くの方がお口の健康に不安を抱えています。

・口臭が気になる。

・歯みがきで血が滲む。

・お口の中がスッキリしない。

・朝起きた時にネバネバ感が強い。

・心筋梗塞の既往がある、糖尿病にかかっているなどの全身疾患リスクがある。

これらの”不安”にはお口の細菌が大きく関与しているため、原因となる細菌へのアプローチをしなくては少しずつ健康が損なわれていく可能性があります。

 

歯周病細菌治療により糖尿病も改善した一例(40代前半 男性)

当院には”インプラントのかぶせ物が欠けた”ということが理由で来院されました。

かみ合わせが強く不調和もあったことでインプラントのセラミックスが欠けていただけではなく、歯肉の炎症も強く出血や口臭でも悩まれていました。

26本現存する歯を1歯につき6面(156箇所)で歯周病精密検査を行ったところ88%の部位で歯周組織の炎症・出血を認め、歯周病が中等度から、歯によっては重度に進行していることを確認しました。

”口臭や歯周病は気になっていたけれども今まで治療ばかりで指摘されたことがなかったためどうすれば良いのか分からなかった”とのこと(今までの歯科通院ではむし歯治療やインプラント治療などを受ける際にクリーニングを受ける程度でした)。通院していてもお口の健康が少しずつ壊れているということを自覚されていました。

 

この患者さんは糖尿病も患っており、受診前はHbA1cという糖尿病の値が8.5でした。

(HbA1cが6.5以上は糖尿病(JDSでは4.3〜5.8が正常値)。8.0以上の数値が続くと合併症が進みやすい状態となり5年程度で両足のしびれ、その後は視力低下、腎不全による人工透析、心筋梗塞、脳梗塞、癌などが起こりやすくなると言われています。)

 

 

患者さんはできるだけしっかりと歯周病を治したいと希望されたため歯周病細菌治療を6回にかけ行いました。(通常1回につき4〜6歯。今回は4〜6本の歯を6回に分け歯周病治療を行いました。)

合わせてかみ合わせの管理も行います。

結果、2ヶ月後には炎症・出血部位は23%にまで減り、間も無く1年を経過する現在も歯周病細菌治療と同様の内容のメンテナンスでお口の健康を維持管理しています。

 

歯周病細菌治療が終わり、しばらくしたある日、”HbA1cが6.8まで下がりました!!”と喜んで血液検査の結果を持ってきてくださいました。

ALT(GPT)という肝臓に関する値も改善しHbA1cを除けばほぼ正常となる結果であったため、かかりつけ医から”この短期間でなにをしたの?”と聞かれたと嬉しそうに話してくださいました。

 

歯周病細菌治療、かみ合わせ治療を行う総合的な歯科治療を行わせていただいたことで来院される度に、1年ぶりにスノーボードをしたら休憩なしで滑れた、仕事に集中できるようになった、咬めるようになったなどの嬉しいお話を聞かせてくださっています。

 

歯周病細菌治療とは

医療用機能水等の専用機器を用い拡大視野下にて行う歯周病治療がより確実に口臭原因菌や歯周病菌を破壊・除去するという治療です。

歯周病細菌治療は進行した歯周病やそれに伴う口臭を気にされている方に特にお勧めをいたします。

歯周病細菌治療によるメリット

・集中して治療を受けていただけます。(回数は4〜8回)

・抗生物質や抗カビ薬などを使用しないため耐性菌リスクはありません。(薬を使えば耐性菌をつくりだす可能性があります)

・より確実で効果的な歯周病治療を受けていただけます。

・口臭改善にも効果を期待します。

・歯周病だけではなくむし歯リスクについても効果を望みます。

 

歯周病精密検査 10000円

歯周病細菌治療(2〜8回)  1回1時間 15000円(税別)

 

・歯周病細菌治療により全身疾患リスクまでもが変わる可能性があります。  気持ち良く、そしてより豊かな生活・人生のため、まず”お口の健康へのリスクや現状を知る”ということをお勧めいたします。

・歯周病細菌治療では基本的には抗生物質を用いないため、からだに耐性菌をつくるリスクもなくからだに安心・安全の歯周病治療です。

・歯周外科手術などを受けたくない、治療後だけではなくその後も歯周病をコントロールしやすい環境をつくりたい、歯肉からの出血が気になる、歯周病かどうかを知りたい、歯周病であるのであれば積極的に治したい、糖尿病や全身疾患リスクを減らしたいなどの希望をお持ちであればご相談ください。

QOL(:生活の質、人生の質)までをも変えうる歯周病細菌治療・お口の健康管理を是非お受けください。